Shape of Circle

 

CONCEPT

私はこれまで、「循環」「輪廻」をテーマに様々な作品を制作してきました。今回のシリーズは「循環」「輪廻」の象徴とも言える「円」をモチーフとしました。

「円」は神の象徴や悟りの境地の形など、永久機関の象徴、車のタイヤ、テストの◯等、私達の身近には古今東西様々な形で「円」があり、それは完璧、完全、秩序なるものとして扱われています。

しかし、円周を求める円周率に目を向けると、上記とは無縁とも思える無秩序な数値の羅列です。その数列は一度として、同じパターンのループが存在しない「超越数」とされるカオスな系です。これは完全と不完全が同居している矛盾な存在の上に成り立つのが「円」であると、言えるのかもしれません。

この様な「円」を「◯」で表現せずに別の形で表現することで「円」に内在する秩序と混沌を表すことが出来れば、「循環」「輪廻」としての「円」の深淵に辿り着けるのかもしれません。

 

MATERIAL & COMPOSITION

今回の出品作は円周率の数字に光の波長をプロットし構図を定め、使用するマテリアルの成り立ちや特性から対比構造となるものを使用して作成しています。

光の波長に合わせて09の数字を当てはめ、円を別の形として表出させました。使用した主な色材は墨とパール顔料です。パール顔料は通常の「減色法」の絵具と違い、「加色法」の構造になっており、「光」の象徴として捉えます。しかし、パール顔料は白地の上では色が感じにくいため、下地に黒を塗ることで色が表出します。パール顔料とは反対に「減色法」で混ぜると全ての色素を吸収する黒は全ての色を内包し、「影」と捉える事ができます。墨は煤と膠からできています。煤は植物の油、松の木を燃やして作られ、膠は動物の皮や骨を煮出して作られることから「死」の象徴と捉える事ができます。この性質から、「死」があることで「生」が彩られると捉え、パール顔料を「生」の象徴としています。

 

画面構成するストライプやグリッドは「秩序」、下地の凹凸やクラックは「混沌」を表し、更に塗装の方向にもルールを定めています。陰陽五行論において奇数は「陽」、偶数は「陰」とされています。これらを踏まえ、奇数時には上または右からのグラデーション、偶数時には下または左からのグラデーションとしています。


Aesthetics of destruction

人は物質が自然や時間によって改変される経年変化にその物質が持つ本来の美とは別の美しさを見ます。それは滅びによってすべてが終焉するのではなく、わずかな生や美といったものが滅びの過程の中から新たに形成されているからではないでしょうか。このような滅びの美を概念化しマテリアルの持つ物質性を用いて表現としての再構築を試みています。

絵画の多くは経年変化により剥落やヒビ、シミなどが存在しています。

私は模写を経験してきたので、模写の行程上、剥落が無い状態の作品の姿を目にすることがあります。そうした中で 剥落を取り去ると作品の魅力が損なわれてしまう事があります。また、剥落した表情に注視するとそれはまるで、描かれているイメージが新たなイメージに上書きされていく様にさえ感じます。そういった意味では剥落はある種、絵画が歴史の審判を通過して来た証であり、時間の経過が生み出した、マチエールとして捉えることが出来るのではないでしょうか。本シリーズではこの剥落に着目し、剥落の進行を滅びゆく世界に置き換え、剥落によって新たな世界へと組み換えられていく様を表現しました。